この記事は、痩せたくてもなかなか痩せられない、短期間で痩せたい!XX日までに痩せたいな!と思っている方に最適な記事です。少々努力が必要なので、楽して痩せたいという方には不向きな記事となっています。

■はじめに

はじめまして赤と金色が好きなエム・フィールドの秋山晃一です。
(某大佐は関係ありません)スマホアプリの運用に携わっています。

この記事は、部署内のLT会(ライトニングトーク会)というコミュニケーションを
取るために開催している会で話した内容です。
LT会はコロナ禍で中途入社したメンバーが企画・運営してくれています。
2ヶ月に一度程度、ランチ時間にオンラインで集まり、あらかじめ決めておいた
スピーカーが自由なテーマで話をします。
ちなみに私が発表した時に一緒に発表したメンバーは、「ランニングは本当に流行っているのか?」と、「わたしのキャンプ」というテーマで話をしました。

■きっかけ

ダイエットにチャレンジしようと思ったのは、
・コロナで在宅が増え、出歩くことが減る。
・いきつけの飲み屋も休みになったりで、家飲みが増える。
・そして家飲みが、ほぼ毎日になる(350ml×2-3本)
・家から出歩くこと自体が減る。
・2020年10月からプロジェクトが代わり仕事が増える。
・そしてジムに行ける回数が減る。(以前は週3→週1程度に) 
・体重増える。。。
いわゆるコロナ太りを経験したためです。

■スペック

ダイエットを語る前に、まずは私のダイエット前の状況や通常の運動量などを
お伝えします。

・身長 164cm、体重 74kg。
・そこそこ運動する。 
・駅伝2.1km区間を9分後半で走る。100位/200人中 。
・キックボクシングジムに6年ぐらい通ってる。
・2年ぐらい前に体重を落とした時は62kg。

■今回の目標

2週間で74Kgから5Kg以上減らして、68Kg台

・ダイエット期間
 2021/3/6~2021/3/18の記録

■体重の増減


毎日の運動量と食事量をざっくりと数値化し、記録しました。
上の図は、オレンジが運動量、グレーが食事量、青い折線が体重を示しています。
グレーの食事量の場合、三食きちっと食べる=10としたので、糖質などを制限せずに
三食食べたのは、2週間のダイエット期間中1回だけです。
グラフとしては、ほぼ右肩下がりになり。順調に体重が落ちていきました。

■痩せるためにしたこと その1 食事




2週間はお酒を飲みませんでした。お酒の代わりにノンアル系の飲み物で代替しました。ノンアル系は、1日1~2本。 私が好きなのは「香り華やぐハイボールテイスト」です。

食事は、米を減らし、うどん、そば、糖質0g麺、カリフラワー、サラダチキンを多めに食べました。なかでもカリフラワーライスを炒飯にすると、量が多く満腹感を得られるのに、カロリーが低いので何度も食べました。


●おすすめダイエットレシピ●
カリフラワーライス炒飯

(材料一人分)
カリフラワーみじん切り300g(売ってます。先述のTOPVALUEシリーズが手軽)、
ネギみじん切り、豚ハムみじん切り、卵2個、塩胡椒、醤油、オリーブオイル。

(作り方)
カリフラワーをレンジに。 鍋にオリーブを引いて、ネギとハムを炒め、かき混ぜた卵を入れ、あったまったカリフラワーを併せて炒めます。
※TOPVALUEの6種の彩り野菜を混ぜたりもします。

■痩せるためにしたこと その2 運動

運動量を1~10で代替数値化。 
10 =すげー運動した。
5 =有酸素結構実施。
2 =何か筋トレした。

以前は運動はしない方でした。運動を真面目に始めたのは6年ほど前です。
当時体重が80kg近くになり、座った拍子にズボンが破れる!!!という経験を
1週間で2回やってしまい。。。。こりゃあかん!と。
ジム通いを始めましたが、当初は縄跳びすら、ろくに飛べませんでした。

■結果


74Kg → 69.6Kg (マイナス4.4Kg)

今回は「無理をしすぎない」で実施したので、結果には概ね満足しています。
(いざとなったらファスティングしようかな。と思ってました汗)

今回のダイエット企画で感じたことは、決して不可能ではない目標を設定し、毎日の計測(食べた物・運動量の確認)を行うことで、次の行動(食事、運動)を考えやすくなります。これは仕事に通じるものがあるな、と感じました。
以上、エンジニアが2週間で無理のない範囲でチャレンジしたダイエット企画でした!