この記事は、動画制作の依頼を検討中のお客様、動画制作の依頼した制作会社とうまくコミュニケーションが取れないと感じている方向けの記事となっています。

エム・フィールドは、お客様のニーズに応えるため、以前より演劇のプロデュースや動画配信を手がけていた当社のグループ会社に動画制作部門Forest Image Productionを設立し、本格的に始動し始めました。


こんにちは。Forest Image Production(FIP)の森脇です。企業活動のさまざまなシーンで動画を利用されることが多くなっていますが、まだまだ動画の発注に慣れておらず、見積もりを依頼する声かけですら不安を抱いているお客様もいらっしゃいます。
今日は、動画に関して不慣れで、見積もりの依頼の仕方がわからない〜!どれくらい納期がかかるの?動画制作って撮影・編集の他になにができるの?というようなお客様の不安を一挙に解消する記事にしたいと思います。
当社が実際に動画制作をお受けする際に、どのような質問をして、どのような制作工程を辿るのかをご紹介します。

■動画制作の見積もりを依頼する時にご用意いただくものは?

当社は、お客様から見積もりの依頼をいただく際に、「動画を作って!」のお声だけあれば、こちらからヒアリングさせて頂き、構成案などをご提案させて頂いております。
ヒアリングのお時間はいただきますが、全くご用意がなくても対応できる!というのが本当のところです。
がしかし、初回のお話を少しでも効率的に進めるために、以下のような動画制作を依頼するためのチェックリストをご用意しております。お見積もりのヒアリング前に、事前に以下のチェックリストの項目を検討しておいていただけると、打ち合わせが非常にスムーズになります。また、社内で説明するための企画書や、営業用の資料などがあると、商材の理解が早めるので、ご用意いただけると嬉しいです。

動画制作の発注方法に不安があるお客様や、事前にどの程度の費用なのかを把握したいというお客様が多くいらっしゃると感じているので、今後は、ジャンルや尺ごとに料金の目安がわかるプランを作って、提案をしていけるようにと考えております。

用意するもの
・チェックシート(予算、納期、テイストなど現時点で考えられること)
・社内用でもよいので企画資料
・あれば、営業用の資料

■制作の進め方・納期




動画制作の流れとしては、見積もりをお出しする際に、簡単な企画案を添えてお渡しいたします。その後、当社に発注いただけることになりましたら、

①:まずは、プロットというストーリー上の重要な出来事などををまとめます。弊社では、プロットを映像ディレクターが作ることが多いです。
②:次に、ストーリー展開など、動画の骨組みを作ります。プロットを元に映像的な構成を考えた上で、脚本家がシナリオを、ディレクターがそれを元に絵コンテを作成します。
③次に絵コンテに沿って、役者のキャスティングや撮影スタッフのスケジューリングをします。
④:撮影・アニメーションの制作
⑤:編集・動画の加工
⑥:ナレーションや音楽入れ
と、大きく分けるとこのような流れになっています。

制作内容にもよりますが、構成案が確定してからはおよそ2週間から、一か月程度になります。あくまでも目安になりますのでお急ぎの場合は、指定納品日に併せて、動画制作をさせて頂いております。

■制作予算が変動する要因

実写の場合、制作費用が大きく変わる要因は主に2つあります。それはクオリティと制作する動画の尺です。この二つによって撮影や編集時の人件費と、撮影時の撮影費が大きく変わるためです。カメラマンが1人いれば映像は作れますが、クオリティを上げるためには、照明や音声などの人員も必要になります。また、キャスト(役者)を使用した動画制作になってきますと、キャスティング費用も必要になります。尺が長ければ、それぞれの人員の拘束日数が伸びるので、比例して人件費も増えます。
二つ目の撮影費用ですが、これはクオリティに大きく左右されます。何台のカメラで撮影するか?ドローンや高所からの撮影を行うのか?複数でのロケーション撮影をするのか?スタジオでもセット制作が必要か?など、内容によって準備する日数も制作時の機材コストも異なります。

アニメーションの制作予算の変動要因は一概には言えません。アニメーションといっても、どの程度のクオリティにするのかで、全く異なります。3DCGアニメーションなどは、撮影素材がない分、また別の作業工程が多くなります。モデラー、2Dアーティスト、リガー、アニメーター、モーションキャプチャースタッフ、コンポジター、エフェクトアーティストなどにより制作をしていきます。実写での映像制作とは全く別物になるので、制作費用はケースバイケースでご相談させていただければと思います。

■撮影・編集以外のサービスも充実しています

FIPでは、舞台DVD収録撮影の案件が多いですが、動画の部分だけでなく、DVDパッケージのデザインや、ディスク盤面のデザインも請負い、生産から納品まで行っております。

またYouTubeを活用したいというお客様も多くいらっしゃいますので、YouTubeのプロモートとして撮影・編集はもちろん、チャンネル構成やアップロード管理も含めてお受けすることが可能でございます。
YouTubeは、社内総会の画像をテレワークでも見られるように、社員にクローズドで公開する使い方などもございます。お客様のご要望に応じて、低コストで最適な提案をさせていただきます。

またライブ配信にも力を入れております。現在は舞台を中心としたエンターテイメントのライブ配信で多数実績を積んでいます。

今後は、
・音楽やスポーツなどのイベント
・株主総会
・キックオフや社員総会
・教育研修
・オンラインセミナー
・幼稚園・学校などの行事・催し物 etc…
ライブ配信の活用は皆様に役立てると思うので、幅広く対応いたします。

各イベントのその様子をライブ配信するだけでなく、TV番組のような演出・構成も対応可能でございます。

■動画制作、アプリと動画、Webサイトと動画、まとめて楽ちん発注

MF営業統括の中島です。エム・フィールドグループのお客様からのご依頼で既に多数の動画制作を行っております。依頼内容は、既にできているアプリの使い方を紹介する「営業用ツール」としてのサービス紹介動画だけを制作したり、お客様のサービスの中のエンターテインメントコンテンツとして動画を作ったり、動画の活用シーンは多くありますので、お気軽にお声をおかけください。Webサイトの制作やアプリの制作と一括して依頼いただけるので、発注するお客様のお手間をかけず、デザインや世界観を統一したコンテンツをお届けできる自信がございます。
FIPはお客様のご要望に応じて柔軟な対応を心がけていますので、お問い合わせ、見積もり依頼はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

株式会社エム・フィールド

営業統括本部:mf_sm@m-field.co.jp