この記事は、オンライン懇親会の幹事を任されたけれど、どうしよう?と迷っている方や、在宅勤務が増えたので何か施策はないかな?と検討している方にオススメの記事です。

はじめまして。エム・フィールドMS事業部で何かと懇親会の幹事を担当する事の多い
田中作です。好きな飲み物は、キンミヤの午後ティー(無糖)割、好きな色は青、
特にコバルトブルーが好きです。

今回は先日開催した私の部署のオンライン懇親会で、使ってよかったなと思う2つのサービスを紹介します。部署のメンバー50名程度に、よりリアルに近い感覚で楽しんでもらうことを考えて、ただのオンライン懇親会ではなく、ニューノーマルなサービスを取り入れてみようと思って企画しました。



■おすすめサービスその1:oVice

まずオンラインコミュニケーションツールとして使ったのは、「oVice(オヴィス)」です。

他にも「SpatialChat」や「Remo」などのサービスが候補に挙がりましたが、できるだけお金をかけずに今回だけの単発利用でデバイスを問わず利用できるものはないかと検討した結果oViceとなりました!

単発利用スマホ利用同時接続数利用時間金額(税込)
oVice(Meetup)50無制限¥2,750
SpatialChat(無料)月額×25独自計算無料
Remo(Host)月額501.25h/1回$125

上記に上げたツールは全てWEBサイトの画面上でアバターを移動させ、参加者同士でビデオチャットを繋ぐので、いくつもの小グループに分かれてコミュニケーションをすることが可能です。

気になるグループの近くに自由に移動し、ビデオチャットを楽しめるので、まるでリアルで居酒屋で懇親会しているような感覚になれるのが特徴です(バーチャルイベント/オフィスにも使えます)。

しかも、参加者はアカウント作成の必要もなく、管理者から送られてきたURLを踏むだけで参加可能!しかし一点反省点を上げるとすれば、まだこの形式のサービスは珍しいので、初見で使いこなせる人は少ないです。

チャットでもフォローしたり、画面内に目立つように使い方を記載した掲示板(懇親会画面の中央白抜きの掲示板)も作りましたが、中々気がつかれずという感じでした😅
もし次回このツールを使う時はそのあたりをどう解決するか考えたいと思います!

使いこなす、とまではいかないものの、業務でPCを使ってコミュニケーションをとっているメンバーなので、5分程度で操作には慣れ、参加者は結構ツールを使いこなしながら思い思いにコミュニケーションをとって盛況でした!

oVicehttps://ovice.in/ja/

SpatialChat: https://spatial.chat
Remo:https://remo.co/virtual-video-conference-japan-press/

■おすすめサービスその2:nonpi foodbox

そして、もう一つの目玉サービスが「nonpi foodbox」という宅配食事サービスです!
幹事は食事プラン(ドリンク付き)を選択すれば、申し込み用ページのURLが発行されるので、それを参加者に送るだけ!


住所管理はfoodboxがやってくれるので個人情報扱う必要なし!
申し込み状況を見れる画面があるので、リマインドなどに便利!
支払いも請求書もカード払いも可、領収書発行ももちろんありと幹事にやさしいシステムとなってます。

それと最も大事なことですが、、、普通にウマいです!!田中は洋風スタンダードプランのピンチョスがお気に入りです。

他には、メッセージ入りの特製カップケーキがついた「新入社員歓迎プラン」(送料・税込4,950円)、〆の鮭茶漬けまでついた「スタンダードプラン和」(送料・税込3,850円)、ウコンの力やコーヒーがついたセットや、ランチプラン、採用面談プランなど、
1人前3,300円〜9,900円まで豊富なラインナップが揃っています。

nonpi foodboxhttps://nonpi-foodbox.com


実際の参加者からは、「受け取り時間帯指定できるのがうれしい」や、
「おいしいし、こういうのワクワクする」など感想をいただきました!
ワクワク重要ですよね。

以上2つのサービスは、参加者からも好評で、幹事としても使いやすいサービスだったので、またオンライン懇親会やる時は、また是非この組み合わせで開催したいと思います!

以上、幹事をよく務める私、田中作が、よりリアルに近いオンライン飲み会を開催したい!という趣旨で実際に使ってよかった2つのサービスのご紹介でした!